使ってるブラウザーがJave Scriptに適用されてません、しかし、ホームページの内容を読むことができます、プリントの必要がありましたら『Ctrl』キーを押しながら『P』キーを押すの方法でプリントして下さい。 国立台湾史前文化博物館-私たちについて-よろこそ!史前館概要-建設のビジョン
 
*
*
*
NMPLogo  
*サイトマップ *ホーム *中文版 *English *日本語
*
About us
*
印刷
:::
ju
::: 私たちについて > よろこそ!史前館概要 > 建設のビジョン

本館は康楽駅の南側にあり、面積は約10ヘクタールで、長方形型であす。東半分は建築本体であり、西側部分は付属の景観公園になっています。中央山脈に寄りかかり、日の昇る太平洋に面しています。本館はアメリカ人の建築家マイケルグレイブス(Michael Graves)による設計です。
建物の下の部分は収蔵空間で、建物全体は屋根のない山の広場を要とし、四面は三合院の構成で、それぞれ各機能を持っています。東側はビジターセンター入り口、北側は展示ホール、南側は事務棟、西側は半月池で付属の景観公園まで延びています。
建物の外壁は図案が並んでおり、原住民の編んだ物のようであり、原住民文化の特色を表している。大理石や陶磁器タイル、スレートのように建材はなるべくこの地方のものを使いました。色彩は、地面の色など自然的エレメントを基調とし、空の色を合わせ、宇宙の中の自然を感じさせます。屋根の入り乱れているようで、規則的でもあり、出土する遺跡を表現しています。

太陽広場
本館はそれぞれのこの機能に分けて設計されており、東側は入り口で駐車場と地下にお手洗いがあります。太陽広場は入り口の前方にあり、噴水の真ん中には古代の雰囲気のある青銅日時計があり、入場者を時間のトンネルへと導き、先史時代というムード醸し出します。

山の広場
広場両端に大きな階段があり、席となります。ここで来場者は休憩し、催しに参加、プログラムを観賞したりできます。
管理棟
管理棟は本館の学術研究と事務部門の中核で、専用の入り口があります。二回の八角形の国際会議場は各種学術活動に使用し、同時通訳などの施設などもあり、50人がここで会議が可能です。60人収容の教室では、ちょっとしたディスカッションなども開けます。
管理棟1階は館付属図書館で、台湾自然史、先史文化とオーストロネシア語族の書籍資料を閲覧できます。2階より上は研究室及び事務室です。

景観公園
本景観公園は完全開放の空間で、周囲には壁もなく、自由に出入りできます。景観公園は休息・散歩・遊びの場・展覧・景色の満喫などの機能を持っていて、自然の風と光によって気持ちのいい休息を得ることができます。園内の植物は台湾の植物及び鳥を呼ぶ植物を選んでいますので、野外教学の場でもあります。園内を曲がりくねる歩道は各景観スポットを結んでいます。それぞれの景観スポットはそれぞれのテーマや機能があり、植えられたの植物もそれぞれ違います。
お子様エリア:いろいろな施設を備えており、お子様に楽しんでいただけ、公園内に活気をもたらします。
迷路:屋根のない地下建築で花崗岩の壁には時折水の壁が出現します。中は霧が立ちこめ、不思議な雰囲気を醸し出しています。
ウォーターダンスエリア:ウォーターダンスを観賞することができます。水の柱はダンサーのごとく、しなやかに音楽に合わせて踊ります。夜になるとライトアップされ、ロマンチックに彩られます。
鳥の広場:公園の丘の下にあり、周囲の垣根はザクロなど鳥を呼ぶ植物を植えてあるので鳥がえさを探しに来ます。

景観の丘:螺旋歩道を進むと頂上に着きます。ここからは周囲のうねる山並みや光り輝く太平洋を望め、さわやかな風で、心地よい気持ちになります。時折走っていく電車が歓喜を誘います。

 

 

 



 
*
*
 
 




私のe政府 (開かない) 優良なサイト (開かない) 通過するA+無障碍検査する  

国立台湾史前文化博物館 コピーライト(地図)google map
アドレス:950-60 台湾臺東市博物館路 1号  電話:+886-89-381166
卑南文化公園 (地図)google map
アドレス:950-59 台湾臺東市文化公園路200号  電話:+886-89-233466

*



キーワード検索 google   臺灣原住民數位博物館 (另開新視窗)