使ってるブラウザーがJave Scriptに適用されてません、しかし、ホームページの内容を読むことができます、プリントの必要がありましたら『Ctrl』キーを押しながら『P』キーを押すの方法でプリントして下さい。 国立台湾史前文化博物館-私たちについて-沿革概要
 
*
*
*
NMPLogo  
*サイトマップ *ホーム *中文版 *English *日本語
*
About us
*
印刷
:::
ju
::: 私たちについて > 沿革概要

史前館の歩み(2005年~2007年)
2007 年  
1 月
台湾大学・連照美教授を迎えてのブヌン文物引渡し後の学術交流。
「ティラノサウルス恐竜化石『SUE』」巡回展スタート。
2 月
干支・豬年特別展-「ブーブー展」開幕
3 月

行政院文化建設委員会国定遺跡審議委員会、ブヌン遺跡範囲を11.93ヘクタールに拡大することを決議。
「万大発電所拡充、松林支所古蹟遺跡調査・試掘調査計画」開始。
「小さな太陽のほほえみ馬漢忠と仲間たち」特別展開幕。

4 月
行政院原住民族委員会文化園区管理局と策略提携を締結。資源共有を促進。
5 月
台大ブヌン遺跡標本(第4-2期)引き渡し。
6 月
「小さな太陽のほほえみ-馬漢忠と仲間たち」台南展開幕。
7 月
「百年の歩み史料でみる台湾・原住民・台東」、「馬蘭の三勇士:馬亨亨、楊伝広、高巍和の物語」特別展開幕。
2006 年  
1 月
高等裁判所、富邦産物保険(損保)公司に対する賠償請求訴訟で本館に勝訴判決。
台大ブヌン遺跡標本(第3期)引渡し。
「干支・戌年特別展」開幕。
2 月
「オーストロネシアン文化園区計画」の後続事項につき上級機関に書簡にて問合せ。
3 月
新旧館長交代式典開催。台北市立教育大学語文教育系・浦忠成系主任(学部長)、新館長に就任。
7 月
「自分の手で新しいものを作り出そう-繊維創作特別展」開幕。
「美しい織り模様-台湾・東南アジア・オーストロネシアン染織特別展」開幕。
8 月
行政院、オーストロネシアン文化園区興建計画中止を教育部経由で通達。オーストロネシアン学術研究は一部継続。
10 月
台東大学と「原住民科学教育特別展-アミ族の植物の世界」を共同開催。
11 月
行政院原住民委員会文化園区管理局長及び局員と国際交流協力事業に関して協議。
12 月
国立台湾文学館と「原住民口伝伝承文学展聞く・伝える・話す特別展」を共同開催。
「台南科学園区(サイエンスパーク)分館設置に関する第1回準備会議」開催。
「紀元前の風雅再現ブヌン文物展」開幕。
台大ブヌン遺跡標本(第4-1期)引渡し。
2005 年  
2 月

「宏館新蔵」展。

3 月
台大ブヌン遺跡標本(第1期)引渡し。
4 月
教育部、第7回行政院サービスの質賞総合賞銅賞に推薦。書面審査通過。実地審査実施。
5 月
「奇想天外。玄武岩、自然と文化特別展」開幕。
7 月
「手のたくさんある人、たくさんの人の手」 2005年、博物館・学校共同開催成果展、親子教育活動─自由創作。
「神秘的な瑠璃の珠」展示。
第7回行政院サービスの質賞-総合賞を受賞。
台東県政府文化局と「台湾追憶のメロディー~17世紀オランダ統治時代の日常生活教育展」を共同開催。
8 月
台東県政府と「2005年台東オーストロネシアン文化フェスティバル」を共同開催。
ブヌン文化公園第2期計画用地取得調整会議を開催。取引価格につき、地主と概ね合意。
9 月
台大ブヌン文物・陶器標本第1期引き渡し。
10 月
品質マネジメントシステムの世界規格ISO 9001認証を申請。外部評価を受ける。
12 月
ISO 9001認証授与式開催。
2005年度行政院英語環境優良評価「最優秀」を受賞。
台大ブヌン遺跡標本(第2期)引渡し。
「ホノルル伝奇特別展」開催。
「人類の変遷常設展」開幕。
「オーストロネシアン文化園区建設計画にからむ民間企業からの投資誘致及びBOT建設申請案初期段階審査」会議を開催。満地富公司提出の計画書、審査不合格。



 
*
*
 
 




私のe政府 (開かない) 優良なサイト (開かない) 通過するA+無障碍検査する  

国立台湾史前文化博物館 コピーライト(地図)google map
アドレス:950-60 台湾臺東市博物館路 1号  電話:+886-89-381166
卑南文化公園 (地図)google map
アドレス:950-59 台湾臺東市文化公園路200号  電話:+886-89-233466

*



キーワード検索 google   臺灣原住民數位博物館 (另開新視窗)