使ってるブラウザーがJave Scriptに適用されてません、しかし、ホームページの内容を読むことができます、プリントの必要がありましたら『Ctrl』キーを押しながら『P』キーを押すの方法でプリントして下さい。 国立台湾史前文化博物館-卑南文化公園-卑南遺跡-はるかなる昔の集落
 
*
*
*
NMPLogo  
*サイトマップ *ホーム *中文版 *English *日本語
*
beinan
*
印刷
:::
ju
::: 卑南文化公園 > 卑南遺跡 > はるかなる昔の集落

炭素14年代測定法による推定によると、卑南遺跡は今から5,300年から2,300年前のもので、3,500年から2,300年前に最も栄えたようです。古代卑南集落の住居は南北に列に連なり都蘭山のほうを指していて、それぞれの住居は坐西朝東になり、渓流と海を遠望しています。住居の本体は長方形で東西に長さ11.5メートル、南北に幅5.5メートルです。粘板岩石版や大きな岩で壁の土台を作り、木材で柱を作り、壁及び屋根は竹を組み茅を葺いています。前側は石版を方形に敷き前庭とし、後側は石を積み上げ円く囲いを作り食物や大陶罐を置いておく所とした。集落の中にはところどころに高床式穀倉があり、支柱にはネズミよけが付いています。卑南文化人では狩猟と農耕が主な生業でした。

彼らは山林では猪を狩り、丘や平原では鹿を獲っていました。陸稲やアワを植え、焼き畑農業の方法で畑を開拓していました。開墾伐採に使う石鍬や石斧、刈り入れの石刀や石鎌、穀物をつくための石きねなどのいろいろな農耕道具や、石矛や石の鏃などの狩猟の道具が出土しています。集落は卑南大渓に面していましたが、彼らは魚を獲ることには長けておらず、魚類は補助的な食物に過ぎませんでした。

とても長い時間の定住の間先住民はいろいろな手工芸技術を発展させました。
農具や狩猟の道具などの石器のほか、土器は日常生活において最も一般的な道具であり、水を汲んでおいたり何かを貯蔵したり調理をしたりするのに使いました。土器は普通は素手によって加工されますが、時にはろくろが使われることもあり、鎌などにいれずにそのまま低い温度で焼かれます。オレンジ色の無地のものが多く、模様のあるものはあまりありません。器では主に甕・鉢・壺などの形のものがあり、陶紡輪・陶槌・陶匙などの道具や陶珠・陶環などの装飾品、陶偶などの副葬品も少数あります。手の込んだ玉装飾品は先住民の審美眼と手工芸技術の水準を最もよく表しており、玉や玉に似た材質で作った頭飾や耳飾・首飾・胸飾・腕飾・臂飾その他の非実用的な武器や道具などその形はさまざまで、独特の風格を持っています。

玉?形の耳飾はいろいろなデザインのものがあり、その中でも代表的なのは人獣玉?形のものであり、史前博物館のマークとなっています。技術面では小玉玲の細かさと長玉管の中空加工技術は人々を感心させます。

   先住民は死後についてとても重きを置きました。主に長方形の粘板岩の石棺が埋葬に使われ、石棺は住居と同じく南北を向いており、都蘭山のほうを向けられていました。死者は仰向けにまっすぐに葬られ、足は都蘭山のほうを向けられており、都蘭山が魂の帰るところであるかのようです。

1つの石棺には普通一人が埋葬されますが、複数の人が埋葬されることもあります。多数の成人、まれに子供も玉や石でできた装飾品・武器・道具・陶紡輪・土器などの副葬品とともに埋葬されています。地位の高い者の棺は大きく、石が積まれて外棺となっているものもあり、副葬品も高級で数量が多いです。死者は普通住居の中か付近に埋葬され、いつも家族のそばにいます。家屋と墓が上下に重なり合って出土することは卑南遺跡の最大の特色です。

 

 

 



 
*
*
 
 




私のe政府 (開かない) 優良なサイト (開かない) 通過するA+無障碍検査する  

国立台湾史前文化博物館 コピーライト(地図)google map
アドレス:950-60 台湾臺東市博物館路 1号  電話:+886-89-381166
卑南文化公園 (地図)google map
アドレス:950-59 台湾臺東市文化公園路200号  電話:+886-89-233466

*



キーワード検索 google   臺灣原住民數位博物館 (另開新視窗)