使ってるブラウザーがJave Scriptに適用されてません、しかし、ホームページの内容を読むことができます、プリントの必要がありましたら『Ctrl』キーを押しながら『P』キーを押すの方法でプリントして下さい。 国立台湾史前文化博物館-展示のご案内-常設展-台湾自然史展示ホール-氷河期
 
*
*
*
NMPLogo  
*サイトマップ *ホーム *中文版 *English *日本語
*
exhibits
*
印刷
:::
ju
::: 展示のご案内 > 常設展 > 台湾自然史展示ホール > 氷河期
 

「氷河期」地質史上一つの大きな変化です。台湾形成後にちょうど氷河期が始まり、これが生物のいにゅうのきっかけとなり、この宝島の豊富な生物の土台となりました。本展示室での展示は氷河期の出来事を中心としています。   

「誕生」と「氷河期」の展示室を結ぶ通路は氷河期の陸橋をイメージしていて、当時の陸上生物と先史人類が台湾海峡を渡って台湾にきたのと同じように、ここを渡ります。

台湾海峡の激しい移り変わりが台湾の生物の基礎を打ち立てたことを表しています。最も多く氷河があった雪山、そこに残っている氷による侵蝕地形は地質学者の関心を集め、そこに高山氷河がかつて存在したことの有力な証拠でもあります。 台湾マス・台湾ブナこの2つの希少保護生物は氷河期からの生き残った生物の代表です。  本展示室は化石動物群を中心に、8種類の原寸大大型陸生哺乳動物の復元模型とそれに関連した出土化石が展示してあり、宝島の(台湾の別称)氷河期の壮観な動物をご鑑賞ください。   

前のテーマのように、ここでは「氷河期」と「新世代」展示室間の通路は海流をイメージしており、来館者は海を漂う植物のように全新世の台湾に入ります。



 
*
*
 
 




私のe政府 (開かない) 優良なサイト (開かない) 通過するA+無障碍検査する  

国立台湾史前文化博物館 コピーライト(地図)google map
アドレス:950-60 台湾臺東市博物館路 1号  電話:+886-89-381166
卑南文化公園 (地図)google map
アドレス:950-59 台湾臺東市文化公園路200号  電話:+886-89-233466

*



キーワード検索 google   臺灣原住民數位博物館 (另開新視窗)