使ってるブラウザーがJave Scriptに適用されてません、しかし、ホームページの内容を読むことができます、プリントの必要がありましたら『Ctrl』キーを押しながら『P』キーを押すの方法でプリントして下さい。 国立台湾史前文化博物館-展示のご案内-常設展-台湾先史時代史展示ホール-概要
 
*
*
*
NMPLogo  
*サイトマップ *ホーム *中文版 *English *日本語
*
exhibit
*
印刷
:::
ju
::: 展示のご案内 > 常設展 > 台湾先史時代史展示ホール > 概要
 

台湾は先史時代初期から各地の民族の交流が盛んでした。数千年の間、各方面からの移民があり、その故郷の文化を基礎として、ここに根をおろしました。そして他の移民たちと交流しながら多様な先史文化を発展させました。台湾は今現在1000以上の先史遺跡があり、14の先史文化に分けられます。台湾先史時代は彼らの物語にから構成されています。
本展示は第一期展示の順路上の「台湾自然史」「台湾オーストロネシア語族」の間にあり、台湾に最初の人類が現れ文化が開き、400年前に台湾が有史時代に入るまでの間の時代のものです。

すべての展示室の中央には1つか2つの状景が展示してあり、展示テーマに関連する先史時代の人類の活動が復元してあり、展示室の周囲には遺物や展示パネルがあります。7つの展示室は8つの展示テーマと、反時計方向の順路が設定してあります。時間的な分類による展示室のほか、展示室の外の通路も台湾の自然遺跡と先史文化の説明があります。来館者はこれらの説明から、台湾先史時代にある程度の認識が出来上がります。



 
*
*
 
 




私のe政府 (開かない) 優良なサイト (開かない) 通過するA+無障碍検査する  

国立台湾史前文化博物館 コピーライト(地図)google map
アドレス:950-60 台湾臺東市博物館路 1号  電話:+886-89-381166
卑南文化公園 (地図)google map
アドレス:950-59 台湾臺東市文化公園路200号  電話:+886-89-233466

*



キーワード検索 google   臺灣原住民數位博物館 (另開新視窗)