使ってるブラウザーがJave Scriptに適用されてません、しかし、ホームページの内容を読むことができます、プリントの必要がありましたら『Ctrl』キーを押しながら『P』キーを押すの方法でプリントして下さい。 国立台湾史前文化博物館-展示のご案内-常設展-台湾先史時代史展示ホール-台湾先史人の生活
 
*
*
*
NMPLogo  
*サイトマップ *ホーム *中文版 *English *日本語
*
exhibit
*
印刷
:::
ju
::: 展示のご案内 > 常設展 > 台湾先史時代史展示ホール > 台湾先史人の生活
 

台湾先史人類の生業は、主に採集、漁、狩猟と農業によるものです。旧石器時代の採集と漁・狩猟の生活から、それから6000年余り前から大?坑文化人は根茎類作物を植え始め、4000年前に穀類農業時代に入りましたが、漁と狩猟はずっと重要な生業でした。

6000年余り前、中国大陸からの移民の文化「大?坑文化」により台湾の新石器時代が始まりました。4700年前、「細縄文土器文化」が台湾各地で発展しました。各地によって違う細縄文土器文化がこの時期の台湾先史文化の文化の特徴です。

4000年余り前、臺北盆地が臺北湖であったとき、円山文化人芝山岩文化人は湖畔で暮らしていました。彼らは湖で貝や魚を採り、付近の山林で狩猟をし、集落のそばに稲を植えました。貝類を食べた後の殻をひとところに捨て、貝殻の体堆積となり、考古学者はそれを貝塚と呼びます。

本展示室は約6000年余り前の中国大陸からの移民、臺北湖(現臺北盆地)を紹介しています。台湾新石器時代の始まりをじっくりとご覧になり、私たちと一緒に先史人類の湖畔生活がどんなものかを考えてみましょう。

       

 

 
*
*
 
 




私のe政府 (開かない) 優良なサイト (開かない) 通過するA+無障碍検査する  

国立台湾史前文化博物館 コピーライト(地図)google map
アドレス:950-60 台湾臺東市博物館路 1号  電話:+886-89-381166
卑南文化公園 (地図)google map
アドレス:950-59 台湾臺東市文化公園路200号  電話:+886-89-233466

*



キーワード検索 google   臺灣原住民數位博物館 (另開新視窗)