使ってるブラウザーがJave Scriptに適用されてません、しかし、ホームページの内容を読むことができます、プリントの必要がありましたら『Ctrl』キーを押しながら『P』キーを押すの方法でプリントして下さい。 国立台湾史前文化博物館-展示のご案内-常設展-台湾先史時代史展示ホール-鉄器時代の台湾
 
*
*
*
NMPLogo  
*サイトマップ *ホーム *中文版 *English *日本語
*
exhibit
*
印刷
:::
ju
::: 展示のご案内 > 常設展 > 台湾先史時代史展示ホール > 鉄器時代の台湾
 

台湾は海外の鉄器文化の影響を受け、鉄器が石器に変わって重要な道具となりました。金・銀・銅・玻璃(はり)やメノウなど海外から入ってきたものが玉工芸品に変わって重要な装飾品となります。これらのものは台湾で作られたものではなく、このことは当時の台湾にはすでに海外と常に貿易があったことを示しています。

台湾の鉄器時代はたくさんの地域的文化を含んでいて、その中で主なものは、北部の十三行文化・中部の番仔園文化・南部の蔦松文化・東部の静浦文化です。これらの文化は今日の台湾原住民と平埔族の祖先かもしれません。

本展示室は新時代・新技術と新しい道具が台湾にもたらした変化、先史と有史の交わりについて展示しています。

  

 

 



 
*
*
 
 




私のe政府 (開かない) 優良なサイト (開かない) 通過するA+無障碍検査する  

国立台湾史前文化博物館 コピーライト(地図)google map
アドレス:950-60 台湾臺東市博物館路 1号  電話:+886-89-381166
卑南文化公園 (地図)google map
アドレス:950-59 台湾臺東市文化公園路200号  電話:+886-89-233466

*



キーワード検索 google   臺灣原住民數位博物館 (另開新視窗)