使ってるブラウザーがJave Scriptに適用されてません、しかし、ホームページの内容を読むことができます、プリントの必要がありましたら『Ctrl』キーを押しながら『P』キーを押すの方法でプリントして下さい。 国立台湾史前文化博物館-展示のご案内-常設展-台湾オーストロネシア語族ホール-工芸、生業と社会
 
*
*
*
NMPLogo  
*サイトマップ *ホーム *中文版 *English *日本語
*
exhibits
*
印刷
:::
ju
::: 展示のご案内 > 常設展 > 台湾オーストロネシア語族ホール > 工芸、生業と社会
 

本展示室は雅美族の海洋文化・卑南族の会所制度・魯凱族の生業をテーマとしています。海洋文化と工芸技術・会所制度が表す社会組織・生業活動の3つのテーマを濃縮し、展示ホールの標題を「工芸・生業と社会」としました。

蘭嶼の雅美族は海洋と森林資源を活用し、手の込んだ漁の技術と造船工芸を作り出しました。本展示室は大船の製作・漁・人と人との関係・現代的な漁術の導入などのテーマについて説明しています。雅美八人大船を製作し、先史館に持ち込んだとき録画した雅美族の大船製作のビデオもあります。

卑南族の会所組織はその社会組織を表していて、男性は12歳から20歳まで会所で生活の技能と知識を学び、会所での活動は男性に限らず、女性も多少の活動に参加し手助けをしていました。近年会所の機能は少しずつ増加しており、伝統的集落では地域活動センターとしての機能を果たし、卑南族の地域及び族群の意識が凝縮したものとなっています。

魯凱族はその豊富な自然資源を使い生業としていて、風習上、貴族は土地の所有者であり、平民から年貢を取る権利があり、各集落には貴族がどのようにして土地を所有するようになったかについての伝説がかなり見られる。今現在魯凱族人は他の原住民族と同じく、ただ自然資源に頼って生計を立てることはしなくなり、全体社会の経済体系の一部分となり、現代経済の生活に適応しています。  



 
*
*
 
 




私のe政府 (開かない) 優良なサイト (開かない) 通過するA+無障碍検査する  

国立台湾史前文化博物館 コピーライト(地図)google map
アドレス:950-60 台湾臺東市博物館路 1号  電話:+886-89-381166
卑南文化公園 (地図)google map
アドレス:950-59 台湾臺東市文化公園路200号  電話:+886-89-233466

*



キーワード検索 google   臺灣原住民數位博物館 (另開新視窗)