使ってるブラウザーがJave Scriptに適用されてません、しかし、ホームページの内容を読むことができます、プリントの必要がありましたら『Ctrl』キーを押しながら『P』キーを押すの方法でプリントして下さい。 国立台湾史前文化博物館-展示のご案内-常設展-中庭議題額エリア-遺跡の物語
 
*
*
*
NMPLogo  
*サイトマップ *ホーム *中文版 *English *日本語
*
exhibits
*
印刷
:::
ju
::: 展示のご案内 > 常設展 > 中庭議題額エリア > 遺跡の物語-卑南遺跡
 

卑南遺跡の発見は約100年前までさかのぼることができるが、大規模の発掘は1980年東線鉄道新臺東駅の建設工事により大量の遺物と遺跡が出土し、その後宋文薰氏と連照美氏2名の台湾大学教授が学生を率いて13次に及ぶ9年間の発掘作業を行いました。遺跡には、石の板を使われている石棺が同方向を向いて並んでいて、幾つかの連なった石壁も出土しました。また、玉工芸品・磨製石器やいろいろな陶罐などの副葬品が出土しました。専門家の推測では、当時ここには組織的なコロニー社会がすでにあったようです。都蘭山を望み、青い空の下木陰を散歩すると、昔のこの地で起こった物語りが見えてきます。



 
*
*
 
 




私のe政府 (開かない) 優良なサイト (開かない) 通過するA+無障碍検査する  

国立台湾史前文化博物館 コピーライト(地図)google map
アドレス:950-60 台湾臺東市博物館路 1号  電話:+886-89-381166
卑南文化公園 (地図)google map
アドレス:950-59 台湾臺東市文化公園路200号  電話:+886-89-233466

*



キーワード検索 google   臺灣原住民數位博物館 (另開新視窗)