使ってるブラウザーがJave Scriptに適用されてません、しかし、ホームページの内容を読むことができます、プリントの必要がありましたら『Ctrl』キーを押しながら『P』キーを押すの方法でプリントして下さい。 国立台湾史前文化博物館-展示のご案内-常設展-中庭議題額エリア-人と自然
 
*
*
*
NMPLogo  
*サイトマップ *ホーム *中文版 *English *日本語
*
exhibits
*
印刷
:::
ju
::: 展示のご案内 > 常設展 > 中庭議題額エリア > 人と自然-台湾梅花鹿
 

髪を束ね、腰縛った青少年が、荒野の中梅花鹿を追い、忠犬が我を顧みず襲い掛かる。」これは清朝乾隆年間のに描かれた台湾平埔族の生活画に描かれている様子です。梅花鹿は台湾特有の鹿科の亜種で、背に白色の梅の花のような斑点があることからこの名がつけられました。梅花鹿はかつて全島各地の林や草むらに生息し、台湾の歴史や原住民の文化と分けて語ることのできない密接な関係を持っていました。しかし、17世紀にオランダ人が台湾に来て鹿革の貿易を行ってから、乱獲や生息地の農耕地への開拓などもあり、野生の梅花鹿は減り続け、ついにはこの島から消え失せてしまいました。近年専門家の主導の下、墾丁国立公園にて台湾梅花鹿の繁殖研究が行われていて、すでにその初歩的な成果も出ています。

最後の猟師
狩猟は原住民の伝統的生活においてはとても重要な風俗習慣の1つです。その昔原住民は肉類を主に狩猟で得られる動物に頼っていました。原住民が大自然と神に畏敬の念を持つように、狩猟にもたくさんの禁忌がありました。たとえば、狩猟の季節・動物の種類・は規定され、悪霊の祟りや獲物が取れないなどのことを恐れ、出発前のいろいろな徴候的現象により狩猟を行うかどうかを決めていました。このことは原住民の祖先が自然資源の利用に対して、継続管理の知恵を持っていたことを示しています。狩猟は原住民の勇士が受けなければならない鍛錬であり、獲物は村人皆で分け合いました。しかし、この原住民の古き伝統も今では現代社会の自然保護の考え方に直面しています。



 
*
*
 
 




私のe政府 (開かない) 優良なサイト (開かない) 通過するA+無障碍検査する  

国立台湾史前文化博物館 コピーライト(地図)google map
アドレス:950-60 台湾臺東市博物館路 1号  電話:+886-89-381166
卑南文化公園 (地図)google map
アドレス:950-59 台湾臺東市文化公園路200号  電話:+886-89-233466

*



キーワード検索 google   臺灣原住民數位博物館 (另開新視窗)